*ミニーちゃんのレッスンバッグ(子供用)-作り方編

以前作ったミニーのレッスンバッグの作り方です。

画像


画像
右の写真のような(→)小学校の引き出しが入るサイズです。
kanoちゃんのはこのような親切な持ち手もないタイプで小脇に抱えるにはちょっと大きい・・・
各学期ごとにいろんな道具を持ち帰りますが、紙袋は子供にはちょっとひもが長い。
子供でも持ちやすいように横タイプで、折りたためるように接着芯はらずに仕上げました。
マチは引き出しにあわせて8.5cm。お道具箱や絵の具セットなども入ります。



■ミニーのレッスンバッグ
画像★材料
・表布A-3mmの水玉
・表布B-22mmの水玉
・裏布
・接着芯(持ち手)
・2.5cm幅水玉綿レース(ギャザー入り)
★アップリケ材料
・フェルト(赤・黒・白・肌色)
・刺繍糸(黒)

画像★作り方
1.製図のとおり、表布A,表布B、裏布、縫い代[(数字)は縫い代、指定のないところは全て1cm]を付けて、接着芯は裁ち切りで裁つ。
2.持ち手を作る。
 ①持ち手の表布Aに接着芯をはる。
 ②持ち手を中表にして2つに折り、返し口を残してミシンをかける。
 ③持ち手の返し口から表に返し、端2mmをミシンがけする。
3.アップリケ(下に図案あり)を付ける。
 ①ミニーイラストをひとまわり大きめ(5mmくらい)外側をカットする。
 ②①をフェルトにテープではり、イラスト外枠ラインに沿ってカットする。
 ③②のイラストを使い、①②を繰り返して、全てのパーツを切る
 ④目や口などのパーツをのせて軽くボンドで固定して周りをたてまつりする
 ⑤本体の表布Aに軽くボンドをつけて固定させて、周りをたてまつりする。
 ⑥本体表布Aの上にチャコペーパー・刺繍図案の順に乗せて、上からトレーサー(かけなくなったボールペンでも可)でなぞる。
 ⑦バックステッチで刺繍する。
4.本体の表布Aと表布Bを中表にして、綿レースをはさみ、はぎ合わせる
5.4.の縫い代を下へたおして、2mmのところをステッチで押さえる。
6.表布を中表にしてわきを縫い、縫い代を割る。
7.表布底にマチを8.5cm縫う(【図1】
8.表布入れ口3cmを折りアイロンをかけておく
9.裏布を表布の作り方6から8と同じように作る
10.表布の中に裏布を入れて、持ち手をはさみ、入れ口2mmと3cmのところにミシンをかける。


★ポイント
バックは裏布をつけると、ジグザグミシンが不要なので仕上がりがきれいです。
マチがある場合は、このように表布と裏布を同じようにつくって、入れ口で合体させます。


■アップリケ・刺繍図案
画像 画像

初めてアップリケする場合は、まずはフェルトで
布を使うとほつれ処理が必要になるのでハードル高くなります。

アップリケのつけかたは、色々方法がありますが、これが一番簡単かな~。


■感想
布はミニーちゃんイメージなので、綿レースもすべて水玉で揃えました。
総柄のキャラクター生地で作ると「the☆手作り!」になりますが
ワンポイントだと市販風のできばえになります(はずです)。
ただし、アップリケの完成度にかかってます・・・・
キャラクターのパーツの配置は、きっちりと!目や鼻の場所が違うとなんだかニセモノキャラに見えます。


■利用規約
 ※必ずお読みください
http://uneko.at.webry.info/201008/article_2.html

■みんなの作品
このレシピを参考に作ったよ!という方、作品掲示板でご紹介ください。

作品掲示板はこちらから・・



thanks!! にほんブログ村 ハンドメイドブログへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント